うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

精神科

うつ病と言うと真っ先に思い浮かぶのが精神科ではないでしょうか。
うつの状態で主に「こころの不調・疾患」が伴う時に受診すると良いと思います。

精神科は以下のような症状のときが、受診の目安です。

・重い抑うつ状態、動けない、起きれない、食事がとれないなど身の回りのことができない状態。

・死にたいと思っている。

・脅迫神経症。意味のないとわかっていても同じことを繰り返したり、同じ考えが何度も浮かんでくる状態。 例えば、汚れているのではないかと手を洗うのを何度もくりかえしたり、鍵が閉まっていないか何度も確認したり
いやなことが何度も浮かんでくるなどです。
・アルコール依存症。薬物依存症。
・躁うつ状態(うつ病)。

など、中程度以上の症状の場合、精神科の受診をおすすめします。

また精神科でも医師によっては専門分野が内科の場合や神経科の専門などの違う場合がありますので くわしくは受診しようと思っている医療機関に電話で聞くか実際尋ねるなどで聞いてみることをおすすめします。

心療内科の説明はこちら。

前の精神科と心療内科に戻る

トップページに戻る