うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

仮面うつ病

重いうつ病ではなく比較的うつの症状が軽くがまんをすれば日常生活がおくれるうつ病を 「軽症うつ病」といいます。その中の仮面うつ病について紹介します。

仮面うつ病

原因がわからず体の面で胃痛、頭痛、肩こり、倦怠感などといった不調が続いていて 医療機関を受診しても特に以上がないといった場合は仮面うつ病の可能性があります。 このタイプは体の症状が前面に出てて、ゆううつ感などのこころの症状が少ないので隠れてしまっているので仮面と呼ばれているそうです。 仮面うつ病は軽症うつ病の中のひとつできちんと治療すれば改善しやすい部類のうつ病なのですが 仮面というなのとおりうつ病の症状が隠れていて診断がつきにくく、またがまんをすれば日常生活がおくれるため、 その結果治療が遅れうつの症状が悪化してしまうこともあるようです。

原因不明の体の症状が何日も症状が続く場合一度医療機関で検査をして以上がない場合は 仮面うつ病の可能性が高いといえかもしれません。 ですがこれまで紹介しましたとおりわかりにくいうつ病ですので医師と充分相談をして治療をすすめていきましょう。。

次のページは青年期のうつ病について紹介します。

次の病気によるうつ病に進む

前の老人性うつ病に戻る

トップページに戻る