うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

摂食障害

女性に多い病気といわれています摂食障害について紹介したいと思います。

摂食障害について

この摂食障害は女性の特に10~20代に多いといわれているこころの病です(もちろんその他の年代の女性や男性でもあらわれい場合があります)。 どのようなものかといいますと 過食(大食い、むちゃ食い)や拒食(極端に食べないこと)を繰り返すものです。発症のおもに人間関係などのストレスやトラウマ、肥満、 幼少期に親との関係がよくなかったAC(アダルトチルドレン)などと いわれていますが不安感によっても発症する方がいらっしゃるようです。

おもな症状

拒食症の場合、肥満の方の場合でダイエットをしていく過程で肥満への恐怖感などから過度な食事制限で食べなくなり、過度の運動で自分を追い詰めたりします。 その内がりがりになって女性の場合無月経や内臓障害になっても本人はなにも問題とせず平然とした様子でいます。 周囲からも一見元気な様子にみえます。 その次に過食症(神経性大食症)があらわれます。拒食状態から「食べたいと」いう欲求が抑えられなくなり、 短時間に多量の食べ物を摂取する状態になります。その後、また肥満の状態になると次はその罪悪感から 下剤を飲んだり、吐くなどの行為してしまいます。このような一連の行為を繰り返します。 また拒食や過食の度合いは患者さんによってさまざまです。その結果、うつ病の症状が部分的にあらわれることもあるそうです。

治療方法

心療内科での行動認知療法や精神カウンセリングなどで家族関係などの患者さん自身にあるこころの根底にある問題の解決をめざしますので ご家族や周囲の協力や病気に対する理解が回復への重要な要素になりますので家族カウンセリングを行います。それとあわせて栄養指導などをおこなっていきます。 薬物治療は抗不安薬や抗うつ薬、睡眠薬、またその補助として胃薬や吐き気止めなどを用いる場合もあります。

次のページではアルコール依存症について紹介します。

次のアルコール依存症に進む

前の依存病についてに戻る

トップページに戻る