うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

強迫性障害

強迫性障害は自分にとって嫌なことや不快な考えが次々と頭に繰り返し浮かびこころから消えず、その考えから逃れられなくなるといったものです。 具体的な症状は手を洗った後でも手に細かいバイ菌がついているのではと思ったり、汚れが完璧に落ちていないのではないかと思い 何度も手を洗い直したり、家を出る際に戸締りをして家を出る際に閉め忘れていないか不安になりまた戻って鍵をかけ直す行為を何度も繰り返すなど、 納得するまでこのような行為を繰り返します。そしてその行為をやめたくても、やめられない状態になり その結果、生活に支障をきたしていきます。

私もこのような症状の経験があるのですがとにかく以上のようなことがまったくあてはまりました。 手を洗った直後でも何度も汚れているのではないかと手を洗い、嫌な思考がぐるぐると頭の中に浮かんだりといったことです。 自分でも意味のないとは分かっているのですが、完璧になってないとだめだとか不安感で、なかなかその行動をやめられないといった感じです。

健康な方でもこのようなことが思いあたる方もいると思いますが、それが重症化してしまい生活に支障をきたしてしまうというものです。

前の全般性不安障害に戻る

不安障害についてに戻る

トップページに戻る