うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

自律神経失調症

ストレスのバランス関係があるとされている自律神経失調症について紹介します。

自律神経失調症について

内臓の機能を調節している自律神経系にストレスに対抗する神経の交感神経と体をやすめる神経の副交感神経があり、 その二つの神経がうまくバランスを取って、体の調子を整えているのですが、精神的なストレスなどによりそのバランスくずれて 体調に不調をきたすものを自律神経失調症とよびます。おもな症状は不安感や眠れないなどの不眠、めまい、頭痛、肩こり、動悸など 非常にうつ病に似た症状があらわれます。またちょっとした環境の変化でも症状があらわれるのも特徴のひとつです。治療方法は抗不安薬や抗うつ薬を用いる薬の治療や行動療法などが主な治療方法です。

自律神経失調症の症状があらわれた場合、なかなか症状が改善せず続く場合は心療内科を受診してみましょう。 またうつ病と似ているので医師とよく相談しましょう。

次の心身症に進む

前の適応障害に戻る

トップページに戻る