うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

広場恐怖

このページでは恐怖障害のひとつ広場障害について紹介します。広場障害は車、電車、バスなどの乗り物や エレベーターや個室など狭い空間などに行くときに「ここで気分が悪くなったらどうしよう」といったような 激しい不安感や恐怖などを抱いてしまいその場所に行けなくなってしまうものです。 群衆といったものも含まれます。 また、他の症状で激しい動悸、頻脈、息苦しさなどが症状にあらわれることもあります。 そのことが原因で家から出ることができなくなり。ひきこもりになる場合もあります。

この症状と同時にパニック障害 を伴うこともあります。また、その逆にパニック障害の症状に 広場恐怖の症状が伴うこともあります。

治療には、抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)や抗不安薬が用いられます。また行動認知療法も用いられるがあります。

以上のような症状は広場恐怖なのかパニック障害なのか見分けがつかないと思いますので 精神科や心療内科の医師に相談してみましょう。

次のSAD(社会不安障害)に進む

不安障害についてに戻る

トップページに戻る