うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 治療薬について> 単極性障害(うつ病)の治療薬

単極性障害(うつ病)の治療薬

このページでは単極性障害(うつ病)の治療薬に用いられる抗うつ薬や睡眠薬 について紹介していきます。抗うつ薬は、うつ病の方は脳内アミンのセロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質(他にドーパミンもあります)の働きが 低下すると考えられており、抗うつ薬はそのひとつや両方の働きを回復する働きがあるうつ病治療薬です。睡眠薬は不眠などの場合に用いる場合があります。

抗うつ薬について

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)はうつ病の原因と考えられている、セロトニンが神経細胞に再取り込みするのブロックしセロトニンの働きを高めます。この薬は セロトニンのみに働くので副作用が少なく安全性が高い薬として世界的によく使われている抗うつ薬です。 SSRIといわれる薬にはパロキセチン(商品名:パキシル)、フルボサミン(商品名:ルボックス、デプロメール)などがあります。 ミネラルウォーターにも微量に含まれている成分食塩と同じようなミネラルでできています。 古くからうつ病などの精神疾患の治療薬として知られています。 薬の飲み始めに、吐き気や嘔吐また胃もたれなどの症状があらわれることがありますが、しばらく服用していくと 自然にこのような症状がなくなっていくという場合が多いといわれています。

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)はSSRIでも説明しましたうつ病の原因と考えられている、 セロトニンとノルアドレナリンが神経細胞に過剰に取り込まれるのをブロックしてセロトニンとノルアドレナリンの働きを高める 薬です。SNRIといわれる薬にはミルナシプラン(商品名:トレドミン)が一般的に知られています。 こちらの抗うつ薬も比較的、副作用は弱いとされています。

SSRIとSNRIの主な副作用は飲み始めのころは吐き気などがでることがあります。ですが3、4日がピークで 徐々に体がよくなっていくケースが多くだいたい1週間もすれば慣れてくる方が多いそうです。

その他の抗うつ薬

その他の抗うつ薬に三環系(さんかんけい)抗うつ薬と非三環系といった 抗うつ薬がうつ病の程度によって用いられることもあります。

抗うつ薬以外のうつ病に用いられる薬

抗不安薬

抗不安薬といって 不安や緊張、イライラとの症状に効果のある治療薬を抗うつ薬と一緒に用いられることもあります。

睡眠導入薬について

ベンソジアゼピン系睡眠薬などがあります。 この睡眠導入薬はどうしても眠れないなどの不眠のあるときだけに使うのが原則です。 急にやめるとかえって不眠になる場合があるので、薬の使用を中止するときは主治医に相談をしながら 徐々に薬の量などをゆっくり減らしていく必要があります。

以上のようなものがうつ病に用いられる薬です。 文章だけみると副作用などで薬を飲むことに怖くなって抵抗感が増してしまうと思いますが、 精神科や心療内科の医師はちゃんと患者さんの体の状態を考慮して薬の処方をしていきますので そんなに深刻に考えなくても大丈夫です。 薬が合わなければ服用を中止して主治医にすぐ相談すれば対処してくれると思います。

ですから、リラックスして自分にベストな治療薬を主治医と相談していきましょう。

次の治療薬を飲むときの注意点に進む

前のうつ病の治療の種類に戻る

トップページに戻る