うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> うつ病の症状(こころ編)

うつ病の症状(こころ編)

それではうつ病の症状をみていきましょう。まずはこころの症状から 紹介していきます。

< うつ病であらわれるこころの症状 >

あせり・自責感情

気分ちの落ち込みなど低下

・不安感にかられあせったりそれにたいするイライラ感。
・過去にの自分のしてきたことを思い出し公開したり悩む。
・いろいろな出来事において自分のせいでもないのに自分のせいだと責める。など

・気分が落ちこんだり、一日中ゆううつな気分になりいつまでも気持ちがはれない気持ちの切り替えができない。
・孤独感
・悲しくなる
・やる気がなくなる。
・未来への希望がもてなくなるなどの 考え方をプラスにもっていけない。など

興味や意欲などの低下

思考力の低下

・いままで好きなことや趣味に興味がなくなる
・嬉しいことでも喜べなくなる。
・仕事への意欲がなくなる。
・友達など、人にあいたくなくなる。
・身だしなみに関心を払わなくなる。
・新聞を読まなくなったり、TVをみなくなる。など

・集中力がなくなる。
・生活の行動の能率が低下する。 ・いろいろな物事の判断ができなくなる。など

以上のようなことなどがあげられます。 例えば女性の場合化粧やオシャレなどちゃんと気を使っていた人が気を使わなくなったり 男性の場合髭が伸びていてもそらないなど、いつも身なりをちゃんとしていた人にこのような ことがみられるようになったら、ひとつのサインといえます。

うつ病になるとTVなどがいつもよりうるさく感じてしまうなどや観るのがつらくなるなどや 好きだった趣味などにも楽しめなくなったりします。このような状態が続き目安としては 2週間程度続くようならうつ病を疑ってみましょう。

次のうつ病の症状(からだ編)に進む

前のうつ病の要因についてに戻る

トップページに戻る