うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> うつ病の症状(からだ編)

うつ病の症状(からだ編)

それではうつ病のこころの症状の次はからだの症状を 紹介していきます。

< うつ病であらわれるからだの症状 >

睡眠

食欲

・眠れない、寝付けない。
・眠れても眠りが浅い、朝早い時間に起きてしまう。
・睡眠不足からくる、頭痛、肩こり。
・朝の目覚めが悪い。
・朝が一番ゆううつで辛い。など

・食欲がなくなる。
・食べたとしても、おいしいなどとは思えなくなる。
・体重増加または体重の減少
・やる気がなくなる。
・胃もたれ、むかつき
・吐き気や嘔吐
・神経性胃炎など

自律神経系

ホルモン系

・ときどきのめまい
・微熱が続く。
・動悸。
・息切れ。
・冷や汗、寝汗をかく。
・からだのだるさ。
・体の動きが鈍くなる。
・便秘・下痢
・トイレが近くなる。
・疲れやすい。

・生理不順。
・性欲の低下。など

以上のようなことなどがあげられます。 寝付けないなどからだんだん眠れなくなってくることや、動悸や息苦しさなどがあらわれ はじめたら要注意です。

このような状態が続く場合目安としては 2週間程度続くようならうつ病を疑ってみましょう。

次のうつ病の治療の種類に進む

前のうつ病の症状(こころ編)に戻る

トップページに戻る