うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 私のうつ病闘病記> いざ、心療内科へ

いざ、心療内科へ

心療内科に受診にいくと電話予約と同じように受付で丁寧に対応していただき 静かな待合室の椅子にすわると初めての受診で緊張していた心もなにか安堵で落ち着きました。

そして先生に診てもらったのですが、それまでの経緯や事情をわりと細かくお話しました。その結果 「双極性障害(そうきょくせいしょうがい)」の可能性が高いとことでした(躁うつ病とも呼びます)。 今現在、治療薬もありますのでくすりによる治療をしましょうということになりましたが、その前に 私はくすりに対する抵抗感がありましたから、そのへんを聞いてみるとこの治療薬には依存性がないことやくすりの説明などを丁寧に 説明してくれましたので、安心できましたので薬による治療をすることにしました。

そして受付で薬を受け取る薬局などや自立支援制度(精神科通院)などの説明をしていただき、医院をでました。その帰り際に 受付で医院の近くの薬局をすすめられたのですが、自宅近くの方が楽かなと思って はじめて行く薬局で薬を受け取ることにしたのですがこれが失敗でした。

薬の在庫がないなどで数時間またさせるはめになりました。

次に薬を受け取る時は医院にすすめられた薬局にいきスムーズに薬を受け取ることができました。

私の場合は以上のようでしたが、患者さんの事情によっては自宅近くのほうがよい場合があると思いますので くわしくは医院の受付の方に相談してみましょう。

自宅についてさっそく処方された治療薬「リチウム」を飲みました。 それまでの頭痛のようなものがゆっくり徐々にですがやわらいでいくような感覚になっていくのがわかりました。 宙にうかんでいるような感覚が脳にある感じです。まだ飲み始めのこの時点では良くなっているのかわかりませんでした。 数日たって脳への嫌な感覚が徐々に緩和されているなと思いました。

私のうつ病闘病記に戻る

トップページに戻る