うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 私のうつ病闘病記 心療内科に行く前の行動について

心療内科に行く前の行動について

医療機関で胃カメラ検査

いよいよ先のページで精神科か心療内科にいって診てもらうことを決意したのですが、 原因がはっきりしていないのとほかの病気だったらどうしようと思い一度、医療機関で診てもらおうと思いました。 私の場合胃の調子や吐き気などで嘔吐をくりかえしていたので総合病院の内科に 行ってみました。そこで診察の結果 胃の状態を胃カメラでみることに。 ただでさえ吐き気があるのに胃カメラなんていやだぁ~!と思ったのですが、 入れる際にノドの内部の感覚を麻酔薬で鈍くさせてから胃カメラを入れるので 以外に大丈夫でした(助かった~)。 その結果は特に異常はなく軽い胃炎でしょうといわれて 胃の薬を処方されて飲み続けること2週間。 ...治ってないじゃん! 状況はかわらずといったところです...ガクッ...。

耳鼻科でファイバースコープ

私の場合頭痛のような症状の他に、特にノドの異物感があり塞がった感じやそれにともない吐き気や嘔吐をともなっているので 一応ノドに以上がないか耳鼻科にいって調べてもらうことにしました。

そこで鼻からファイバースコープをいれられていろいろ診てもらいましたが異常はみられませんでした。 ある意味ほっとしましたが。体調不良の原因がわからないので先生に質問をしましたが しばらくすれば治りますよと言われました。 心の中では治らないから苦労しているのにと思い、 精神科などに行った方がいいかと尋ねたら 「そこまでのことかな~」とかるく笑われてしまいました。

その時は怒りというよりこころにあきれにも似たさびしさをおぼえましたが、 いろいろ調べてみるとこのようなうつの症状を知っていて精神科や心療内科を すすめてくれる耳鼻科のところもあるそうです。

まあ専門分野が違うんだから知らなくてしょうがないか!と前向きに気持ちを切り替えることにしました。(←カッコつけて、あっさり書いてありますが 実際はかなり落ち込みました。)

このように、カメラやスコープなどのハイテクを駆使して調べても異常はみられないことから これはうつ病の可能性があるなと思い精神科や心療内科の受診を改めて決意しました。

精神科や心療内科を受診する前に

そこで受診するとなったときに精神科にするか心療内科にするか 迷ったのですがいろいろ調べるうちに一応、がまんすれば日常生活がおくれている 状態だったのと(それでも相当きつかったですが)医療機関で検査をしても異常がないことから 心療内科を受診することにしました。

緊張しながら予約のために電話をすると受付の方が受診時間や国民健康保険を持参することや 医院の場所などのアクセスをおしえてくれるなど丁寧な対応をしてくれたのでなにかほっとしました。

医院の場所などが教えてもらってもわかりにくい場合は下見などをしておいても良いと思います。 実際、私は下見をして確認しました。

さて次のページからはいよいよ心療内科での治療について紹介します。

次のいざ、心療内科へに進む

前の私の双極性障害の症状に戻る

トップページに戻る