うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> うつ病に関する情報> 経頭蓋磁気刺激法(TMS)

経頭蓋磁気刺激法(TMS)

最近TVやマスコミなどでも注目されている治療方法に経頭蓋磁気刺激法(けいとうがいじきしげきほう、英: Transcranial magnetic stimulation)略して「TMS」と 呼ばれる治療方法があります。この治療法はうつ病の患者の方で薬での治療での効果があまりないなどの難治性うつ病の方の治療方法として 注目せれるようになってきました。 この治療方法は脳近くにコイルを持っていき磁気エネルギーによって脳神経に電気刺激を与える方法です。 薬とちがって現段階では副作用はみられないそうです。

また治療は一回で治るものではなく患者さんによって回数はかわるようですが継続して行わなければならないそうですし また多くのうつ病患者の方に効果があったようですが、100%の患者さんに有効ではないそうです。

このように多くのうつ病の患者に効果がみられたということですが、2012年2月現在、治療を受けた人がまだまだ少ないのと 治療を実施している病院は少ないので安全性の面でもこれからといったところだと思います。 金額面でも海外では保険が適応となっている国があるそうですが 日本では保険適応外(2012年2月現在)ですので治療費が高額となっているようです。

ですが、うつ病治療効果があるのであれば、経頭蓋磁気刺激法(TMS)の効果や安全性が確認されて日本でもこれからうつ病の 治療のひとつになってほしいですね。

トップページに戻る