うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 双極性障害(躁うつ病)> 躁状態とうつ状態について>
双極性障害(躁うつ病)の原因について

双極性障害(躁うつ病)の原因について

このページでは双極性障害(躁うつ病)の原因について紹介していきます。

躁やうつの原因は神経伝達物質の異常があげられています。
私の場合も強いストレスやプレッシャーなどの負担が重い時に双極性障害の症状が現われたので ストレスが原因かなと思ったのですが
医師に聞いたところ、ストレスはきっかけのようです。
これは治療薬の作用などからそう考えられているそうです。

この神経伝達物質の異常が躁とうつにする理由などのはっきりしたことはわかっていません。

また遺伝や心理的な要因が絡んでいるといわれていますが
こちらのほうも解明されておりません。

ですが、幸い、症状に有効な治療薬が多数知られており この治療薬を患者さんの状態にあわせてうまく使用することにより
かなりの程度症状をコントロールすることができるそうです。 私もこの治療薬のおかげで以前の最悪な状態からだいぶ楽になりました。

治療にはリチウム、バルプロ酸、カルバマゼピンなどの気分安定薬を用います。
また、症状の程度により抗精神病薬、抗うつ薬を用いる場合や
不眠のある時などに睡眠導入剤を使う場合もあります。

ここまで、双極性障害(躁うつ病)について説明してきましたが、まずうつ病のような体の不調がある場合 ほかの病気の場合もありますのでまず医療機関にいって検査してみましょう。
私も最初、原因がわからず医療機関にいき検査をしました。

そこでまずうつ病のような症状で体調が不調の場合どのような検査をすればよいのか
次のページで紹介していきます。

次のページの医療機関で検査するから説明します。

前の躁状態とうつ状態についてに戻る

トップページに戻る