うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 双極性障害(躁うつ病)> 躁状態とうつ状態について

躁状態とうつ状態について

このページでは躁状態とうつ状態について紹介していきます。

まずはじめに躁状態について説明していきます。以下に症状をまとめました。

< 躁状態の症状 >

・気分の高揚。

・活動的になる。

・気が散って物事に集中できない。

・いつまでもしゃべりがとまらない。

・怒りっぽくなる。

・いろいろな思考(考えが)浮かんでくる。

・誇大性、誇大妄想(自分が偉くなったと思いこんでしまう)。

・借金をしてまで買い物をしてしまう。

・寝ないでも平気。など

以上のようなことが、躁状態の方にみられる症状です。

躁状態になると、性格が明るくなる、機嫌がよくなる、眠らないでも平気、いいアイデアが次々浮かぶ、 異常にテンションが上がり、一見周りから見てよい状態に見えます。 ですが一方で、自分が偉くなったように感じてしまい、他の人に迷惑になるような行動にでることもあったり、 気が散りやすくなることがあるので、軽率、自制心を失った行動にでることがあります。

次にうつ状態の症状を以下にまとめています。

< うつ状態の症状 >

・ゆううつ感がある(さびしい、かなしいなどの気持ち)。

・疲れやすい。

・おっくう感があり何もしたくない。

・いままで楽しんでいたことに楽しめなくなったり世間出来事に興味がもてなくなった。

・あせってしまい落ち着かない、じっとしていることができない。

・いろいろな嫌な考えが浮かんでくる。

・自分を責めてしまい生きる価値がないと考えてしまう

・食欲がない。体重の減少。

・自殺を考えてしまう。

・夜、寝られない

以上のようなことが、うつ状態の方にみられる症状です。

うつ状態になると、気分は暗くなりふさぎこんでしまいます。
一日中、ゆううつ感があったり、TVを見たり、新聞を読むことが嫌になったりと
普段、興味をもっていたことや楽しめていたことに楽しめなくなります。
食欲がなくなったり、寝付けないなどの不眠、自分を責めるような嫌な考えばかりが
繰り返し頭に浮かびます。

また逆に食べ過ぎてしまう過食状態になったり寝過ぎてしまう過眠という症状が
みられることもあります。

双極性障害(躁うつ病)はこのような躁状態とうつ状態の二つの症状が現れます。

双極性障害(躁うつ病)にはいろいろな種類があります。

この双極性障害(躁うつ病)には躁とうつ状態が同じくらいで現われるタイプと
躁状態が短くうつ状態が長いタイプまた躁状態とうつ状態が短い時間で交代するタイプがあります。

双極性障害は「双極性スペクトラム」ともよばれ 躁状態がはっきりしている場合は双極Ⅰ型障害、軽い躁状態の場合は双極Ⅱ障害と呼ばれます。

< 躁状態とうつ状態の周期について >

躁とうつの周期は月単位とか年単位とかと言われていますが、私の場合 もちろんその場合もあてはまるのですが経験上、細かくて週の日によっても周期があるような感じがします。 昨日がうつ状態で、今日が躁状態みたいな感じです。

ここまでで双極性障害(躁うつ病)について説明しました。
次はその双極性障害(躁うつ病)の原因について
説明していきたいと思います。

次の双極性障害(躁うつ病)の原因についてのページに進む

前の双極性障害(躁うつ病)に戻る

トップページに戻る