うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 職場不適応の場合

職場不適応の場合

職場で人事異動などで慣れない仕事をすることになった場合や 人間関係で馴染めない場合が続いた場合だんだん 朝、いざ会社にいこうとすると激しい動機やノドの異物感や吐き気などのうつ状態の症状があらわれることがあります。

このような症状はほんの数日で治るような場合でしたら問題はないと思いますが、 何日も続き症状が悪化している場合は職場不適応が考えられます。

この場合会社によって産業医などがいる場合はこのような症状の場合相談して
問題を解決できる場合がありますが
このような体制になっていない会社の場合相談や努力をしても問題を解決できない場合もあるようです。 そのような場合は転職などを考えてもいいのではないでしょうか。

養わなければならない家族がいる場合や、昨今の就職難で決断するのは
これからの人生においても重要なことなので
なかなか難しいことだと思います。
ですが、苦しんでいるあなたをみている家族や友人も心を痛め苦しいと思います。
ですから、一人で悩まずまた一人で頑張ろうとせず周りの方に十分相談をした上で
決断をすればいいと思います。また今の仕事にどうしてもやりがいが見つけられない
人間関係で悩んでいる場合は転職だけではなく
独立・開業・起業もひとつの選択肢に考えても良いのではないでしょうか。

職場環境を変えたら、うつ病の症状が良くなったというケースはよくあるそうで 私も嫌だった仕事を変えたら症状が楽になった経験がありますのでひとつのうつ病治療法の 「行動認知療法」の面でも有効だと思います。

次の生活環境不適応の場合に進む

トップページにもどる