うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 生活環境不適応の場合

生活環境不適応の場合

職場や学校の不適応のほかに住んでいる環境でうつ病の症状があらわれる場合があります。 例えば、ご両親とのさまざまな理由での折り合いが合わない場合や無意識のプレッシャーなどからくるストレス。 また女性の場合結婚で嫁ぎ先のご両親と合わなかった場合などです。

そのような場合結婚をしてない方は一人暮らしをしてみたり ご結婚されている方はご両親と離れて暮らしてみるのはどうでしょうか。

この場合も職場不適応の場合の場合と同じで環境を変えたら症状が治ったり、軽くなったという方がいらっしゃるようです。 家族間や生活に係わることなので家庭環境によっては難しい場合もあると思いますが、 双極性障害(躁うつ病)や単極性障害(うつ病)の症状の改善の可能性があるので検討しても良いと思います。

前の職場不適応の場合に戻る

トップページにもどる