うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> うつ病について

うつ病について

最近はTVなどのいろいろなメディアで「うつ病」という言葉を耳にする機会が
多くなってきておりますが、そもそもうつ病ってどういうものかわからない!という方もいらっしゃると思いますので具体的に説明したいと思います。

うつ病ではない方の場合、例えば会社や学校などで嫌なことがあったらその一日は憂鬱な気分になります。 ですが、次の日や最低でも何日もすればしだいに気持ちが切り替わり自分にとって良い出来事があった場合その嫌なことは次第に忘れるでしょう。 あるいは、ストレス、プレッシャーで負担がかかった場合は疲れてだるさやおっくう感がでてきますが
ちゃんとお休みをもらって十分休養をした場合回復します。

うつ病の方は以上のことのような出来事があった場合、ゆううつ感やだるさやおっくう感、そして体にも不調がいつまでも続くなど、 長い期間がすぎて良い状態になかなか回復しない状態のことを言います。

< 具体なうつ病があてはまる例 >

気分の不調

からだの不調

・ゆううつ感
・イライラ感
・どんな出来事にも興味がもてない
・やる気がでない
・落ち着かない
・集中できない

・不眠
・食欲不振 ・疲労感がとれない
・からだのだるさ
・肩がこる
・頭痛がする
・胃が張る、もたれる

上の表のような状況が回復せず長引いている場合や良くなったり悪くなったりを繰り返す場合
うつ病の疑いがありということになります。

そのうつ病の中に双極性障害(躁うつ病)というものがあります。
私はこのタイプのうつ病の体験者ですので、双極性障害(躁うつ病)はじめとしたうつ病について
紹介していきます。 それでは、このうつ病双極性障害(躁うつ病)ってなに?という方に
次のページ、双極性障害(躁うつ病)で紹介したいと思います。

前のサイトについてに戻る 次の双極性障害(躁うつ病)に進む

トップページに戻る