うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 漢方薬について > うつ病治療の漢方薬

うつ病改善の漢方薬

前の漢方で治すのページでふれましたが漢方薬にもうつ病の治療や改善をするものがあります。 このページでは、うつ病やうつ状態の治療や改善に用いられている漢方薬を紹介したいと思います。

以下のようなものがあります。

< うつ病改善の漢方薬リスト >

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
ノドの異物感、動悸、不眠、不安感、神経質で咽喉が塞がる感じや
球状のものがつかえる感じ(ヒステリー球)のときに飲む漢方薬です。


・柴朴湯(さいぼくとう)
胸脇苦満や心窩部の膨満感があり
精神不安や抑うつ傾向があるときに飲む漢方薬です。


・加味逍遥散(かみしょうようさん)
疲労しやすく、肩こり・頭痛・めまい・イライラ・不眠・不安などの
精神神経症状(月経異常や更年期障害によるもの)を伴うときに飲む漢方薬です。


・三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
不安感、焦燥感など感情の動揺が激しいときなどや・耳なり・鼻出血・吐血・下血・便秘などのときに飲む漢方薬です。


・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

不安感、焦燥感など感情の動揺が激しいときなどや
ときに鼻出血や下血その他の出血を伴うときに飲む漢方薬です。


・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
お血に伴う頭痛・肩こり・めまい・のぼせ・足の冷えなどのときに飲む漢方薬です。


・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
精神不安・不眠・イライラなどの精神神経症状とともに
季肋部の苦満感・胸脇苦満などのときに飲む漢方薬です。

私の場合、うつの状態が出始めのときなど比較的軽い症状の時に漢方薬を使って 症状がだいぶ改善した経験があります。ですが私の経験上、うつの症状が長い期間続いている、体調不良などの中程度以上の 場合は通常のくすりによる治療のほうが良いかなと思います。
ですので医師や薬剤師に相談しながら自分にとってベストの方法をあせらずゆっくりみつけていきましょう。

漢方薬は上手に活用すれば体の改善の有効な手段です。 また自分にあっているのはどの漢方薬があっているのかやアレルギーがあるなどの 相談は医師や薬局・薬店の薬剤師さんにご相談してください。

前の漢方で治すに戻る

トップページに戻る