うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> うつ病の過ごし方

うつ病の過ごし方

このページではうつ病やうつ状態の治療で重要な過程のひとつのうつ病の過ごし方について紹介します。

治療で大事なことは休養をとることです。

うつ病やうつ状態の治療で重要なことは正しく薬をのむことの他にしっかり休むことが大切です。 うつ病になってしまう患者さんの原因のひとつに「がんばり屋さん」があります。 この「がんばり屋さん」がもとでうつ病を治そうとしてがんばりすぎて疲れてしまいこころのエネルギーがカラッポの状態になります。 エネルギーがカラッポになってしまってはどんなものでも動けなくなってしまいます。 うつ病は「こころのかぜ」といわています。病気のかぜも休養をとらなければなかなか治りません。 それと同じです。 ですから、うつ病を治す場合は薬を飲んでしっかり休むことが大事です。

そこで休養にあたり、うつ病のより良い改善のためにいくつか踏まえておきたいポイントを以下にまとめました。

< 休養をする際のポイント >

・医師の指示にしたがい正しく薬を服用する。自己判断で薬をやめない。
・仕事のある人は休職をする。(仕事をやめるなどの重要な決定はあとまわしにする)。
・無理をしない、疲れたら休む。
・早寝、早起きなど生活のリズムを保つ。
・散歩などの気分転換をする。(ムリをしない範囲で)
・うつ状態の時は症状の原因究明などは避ける。
・周囲の方(ご家族など)はうつ病の原因を本人に追及したり、反省を促したり、責めるようなことはしない。励ましも厳禁です。
・完璧を目指さない
など

以上のようなことなどがあげられます。
退職などの重要な決定は後回しにしましょう。
このような重大な決定は元気になってからでも遅くはありません。

会社によっては産業医がいる場合は会社側ときちんと相談することによって職場の問題点を解決してから会社への復帰の可能性もあります。 このように職場や学校や家庭などが問題の場合周囲の人との連携や協力による改善で解決できる場合があるからです。

ですから、現時点では休養に専念して、気持ちを落ち着かせマイペースに過ごすということです。 回復にあわせて少しずつやる気が起きてきた場合は
生活範囲を徐々に広げていけばいいと思います。

職場の休み方

休職するにあたってはある程度の期間休まなければなりませんので、産業医などがいる場合は復帰の時期も含めた上で相談しましょう。
それとは別に産業医がいない会社の場合はなかなか休職しずらいと思います。そのような場合は通っている精神科や心療内科の主治医に会社に連絡を取ってもらいましょう。 最終的には診断書を書いてもらい会社に申請して休職するというカタチになります。

また、自営業の方で仕事を休めない場合や自宅と併設していてゆっくり休めないという方もいらっしゃると思います。 そのような場合は「ナイトホスピタル」というものがあります。 病院から仕事にむかい、仕事が終わればまた病院に帰ってきて休むというものです。こちらの「ナイトホスピタル」は 入院設備がある精神科クリニックで利用できるところがありますので利用したい場合は主治医に相談してもよろしいかと思います。

また職場復帰する場合はあわてず焦らず主治医と職場とで相談して徐々にならしていき出社日数を増やしていく 「リハビリ出社」で徐々に職場に復帰をしていく形ですすめましょう。

トップページに戻る