うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 治療に向けて

治療の向けて

双極性障害(躁うつ病)を治療して健康状態を良い方向に改善するするために向けて 知ってもらいたいことがあります。 双極性障害(躁うつ病)は正しく治療しなくて放置をしてしまうと、多くの場合で再発する病気なのだそうです。 先ほどのページで説明したように治療や再発に有効な治療薬があり防ぐことができますので心配はありません。 ですが、薬が効くからと言ってこの双極性障害(躁うつ病)のきっかけであるストレスなどの障害になっている原因を 取り除かないといつまでも再発をくりかえすということになってしまいます。

体験した立場からいいまして最悪の状態の場合日常の生活もままならない状態になってしまいます。

以上のように説明して不安感をあたえてしまいましたが、双極性障害(躁うつ病)は正しく対処すれば 再発を防ぐことができますし、日常の生活もちゃんと送れるようになります。現に私がそうですから大丈夫です!

完璧をめざしてはいけない!?

この双極性障害(躁うつ病)を治療するにあたっては変な話ですが「100%」を目指さないということだそうです。 完璧をめざしてしまうとすこしでも治療に改善がみられない場合があった場合気持ちが落ち込んでしまったり 自分を責めてしまうなどのマイナス思考になってしまい、思うような症状の治療や改善につながりません。

私は長年、慢性じんましんも患っておりますが 薬による治療をしていれば問題なく生活をおくれておりますし、高血圧の方でも同様のことです。大半の方はどこかしら 体をわずらっていたり100人いたら100人それぞれの悩みがあるものだと思います。「悩んでいるのは自分だけじゃないんだ」と思ってください。 そうすることで気持ちが少し楽になると思います。 双極性障害(躁うつ病)も治療しながらでも十分日常生活が送れる病気です。

うつ病はこころの病ですからプラス思考(←ここが一番むずかしいんですよね!(>□<) )でこころを穏やかにすることが結果的に双極性障害(躁うつ病)の改善につながります。

< 治療に向けてのまとめ >

・病気と向き合い受け入れる
・医師の指示にしたがって薬を服用し再発や予防をする。
・薬の作用・副作用などを知ってどの薬が自分にとって合うのかを把握する
・ご自身やご家族などともに病気を理解する。
・完璧を目指さない
・自分のストレスの原因を探り、取り除くことや対処法を持つなどの対策をしていく。
など

次のページではうつ状態の時の過ごし方について紹介していきます。

次のうつ病の過ごし方に進む

トップページに戻る