うつ病の非常口 双極性障害(躁うつ病)をはじめとしたうつ病の方のための脱出情報サイト

うつ病の非常口> 治療方法の種類

治療方法の種類

精神科や心療内科を受診する前段階でどのような治療をするのか不安で受診を躊躇してしまう 方もいらっしゃるのではないでしょうか。

わたしの場合も実際心療内科を受診するまで長期間かかりました。 その理由は心療内科で診てもらうほどではないだろうという考えがありましたし、 なにか「そこに頼ったら負けかな」みたいな
考えや、「そこまでのことじゃないな」というへんなやせ我慢みたいなものが働いていました。 それに薬漬けになったらもともこもないんじゃないかとも思っていたりしていたからです。

でも、結構こういう考え方をしている方って意外と多いんじゃないでしょうか。 そう思っている方に偏見や誤解などを解いてもらい、実際の治療を受ける際にこころがスムーズに入っていけるように
精神科や心療内科でおこなう治療方法などについて紹介したいと思います。

治療方法の種類について

薬による治療

やはり薬による治療は基本ベースとなります。精神科や心療内科にまずいくと 初診でいろいろと薬に対する誤解や偏見などを解き、薬に依存性がないことなどを丁寧に医師が説明してくれます。 この段階で薬に対する疑問点などを聞いておきましょう。例えばアレルギーなどでほかの薬を飲んでいるが大丈夫なのかな?などの質問です。 この薬に対する疑問はあとで思い出した場合などは薬剤師さんにも聞くことができますし主治医にも確認すると丁寧に答えてくれると思いますので大丈夫です。

漢方薬による治療

最近では漢方薬も双極性障害のようなうつ病に用いることもあります。例えば妊娠中の方や薬の適合の問題などの場合です。 また薬による治療とあわせて補助的に用いる場合もあります。 精神科や心療内科の医院やクリニックの紹介で東洋医学会専門医東洋医学(漢方薬)となっていれば漢方薬の治療をうけることができると思いますが、 一度、医院やクリニックに確認してみましょう。その上で医師に相談してみましょう。

支持的精神療法

まず私のように治療に使われる抗うつ薬についての誤解や偏見などの薬に対する抵抗感を解くことは先ほど説明しましたがそれと同時に行われるのが 支持的精神療法です。こちらはうつ病に対する誤解や偏見を解いていきます。 うつ病になっているときの患者さんにみられる状態のひとつには自分を責めてしまっているというのがあります。 そのような患者さんに現在こころや体に現われている不調は病気ですよと わかってもらい、けして怠けているわけでも患者さんがわるいわけでもないということを丁寧に説明してわかってもらいます。

このように病気に対して理解をしてもらうことや疑問に思っている不安を取り除くことをして、まず医師と患者さんとで信頼関係を築いていき適切な治療方法を提案していきます。

行動認知療法

うつ病の患者さんは考え方が後ろ向きになっています。その後ろ向きな考え方の行動パターンを主治医と患者さんとで検証していき前向きの考え方になるように修正していく 治療方法です。この方法は最近TVなどでとりあげられるようになり注目されてきています。

対人関係療法

人間関係がもとでうつ病の症状が現われている場合におこなわれる治療法です。会社や学校や家庭などで問題となっている人間関係を客観的に検証して問題解決に導いていきます。

以上のような治療方法が主に精神科や心療内科で行われています。だいたい私と同じような双極性障害(躁うつ病)の患者さんは 薬による治療と支持的精神療法をおこなうと思います。私の場合はこの二つが中心です。

あとの行動認知療法と対人関係療法は再発を繰り返す場合におこなわれる場合があります。

このような行動認知療法と対人関係療法はうつ状態では行いません。まず薬の治療からしていき、ある程度元気になってから医師が患者さんの状態をみて必要な場合は行い、必要でないと判断すれば行いません。 ですから精神科と心療内科の治療の基本は医師の指示に従い薬を飲むことと休養させて患者さんの回復を待つということです。そしてこころと体を良い方向にもっていきます。

次の治療に向けてに進む

トップページに戻る